WEB予約はこちら

小児歯科・ベビー歯科・マタニティ歯科

Pedodontics

小児歯科・ベビー歯科・マタニティ歯科
|三養基郡基山町の歯科|ルアナファミリー歯科・矯正歯科

ルアナファミリー歯科・矯正歯科

小児歯科・ベビー歯科

Pedodontics

小児歯科・ベビー歯科

はじめての歯科治療は楽しくスタートしたい!
子どもには怖い思いをさせたくない・・・

ルアナファミリー歯科・矯正歯科は、
パパ・ママのこんな思いにお応えする歯科医院です。

キッズルーム

お子様が自由に遊べる「キッズルーム」

ファミリー診療室

お子様の側で安心診療!キッズスペースを完備した「ファミリー診療室」

女性歯科医師

「女性歯科医師」によるきめ細やかな治療と優しい対応

“乳歯だから虫歯になっても問題ない、永久歯に生え変わりがあるから大丈夫。”と思われている親御さんもいらっしゃるかもしれません。
しかし、乳歯に虫歯がある状態で新しい永久歯が生えてくると、永久歯に影響が出やすくなります。
特に乳歯は虫歯になりやすく、いったん発症すると進行が早いのも特徴です。 永久歯が生えてくる前だからこそ、成長に合わせた適切な治療や予防がとても重要になってきます。
当院は、“0歳からの虫歯予防”として、早いうちから歯磨きに慣れてもらえるようなトレーニング等をお伝えします。


お子様の歯のお悩みなど、どんなことでもお気軽にご相談ください。

歯医者さんを嫌いにならないために

お子様に“無理やり治療を行うこと”はなるべく避けたいと思っております。
無理に治療を進めると、将来お子様が“歯科恐怖症”になる可能性が高くなるからです。
すぐに治療ではなく、まずは歯医者に慣れるように、ゆっくりと練習していき少しずつ練習していきましょう!

虫歯になりにくくするために

ルアナファミリー歯科・矯正歯科での虫歯予防

歯磨き指導

歯磨き指導

0歳からしっかり歯磨きの習慣付けをすることはとても大切になってきます。
歯が生える前は、まずお口の中を触られることに慣れてもらいましょう!
歯が生えてきたら、歯磨きの習慣付けをしていきましょう!

まずはお子様に磨いてもらい、最後は必ず仕上げ磨きをしてあげてください。

お家で使う歯ブラシや歯磨き粉の選び方がわからない等、どんなことでもお気軽にご相談ください。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素は、歯質を強化して虫歯を予防する効果が期待できます。
とくに、乳歯や生えたばかりの永久歯の虫歯予防に有効です。

定期的なフッ素塗布をおすすめします。

定期的な歯のクリーニング

定期的な歯のクリーニング

日々、パパ・ママはお忙しいとは思いますが、是非お子様のために予防歯科を受診されることをおすすめします。

ルアナファミリー歯科・矯正歯科

マタニティー歯科

Pedodontics

マイナス1歳からの虫歯予防

マイナス1歳からの虫歯予防生まれたばかりの赤ちゃんは、お口の中に虫歯の原因となる菌を持っていません。虫歯菌はお母様など周囲の大人からうつってしまうことが最も多いです。 また妊婦さんが歯周病だと、早産・流産・低体重児のリスクが高くなるという報告もあります。安全な出産やお子様の健康のためにも、妊娠中から歯科治療・お口のケアに取り組むことをおすすめします。

健康的なお子様の口腔内にするために

母親の虫歯と子どもの虫歯リスクの関係

母親の虫歯と子どもの虫歯リスクの関係母親に虫歯がある子どもとない子どもを比較すると、母親に虫歯がある子どもの方が2歳になった時の虫歯発生率が圧倒的に高いことがわかっています。
つまり、生まれてくるお子様のお口は、お母様の生活習慣やお口の中の健康状態からの影響を受けやすいということです。また、大人になった時の虫歯のかかりやすさは、子どものうちに虫歯にかかったかどうかが関係しているという報告もあります。
お子様のお口に悪い虫歯菌をうつさないよう、妊娠中から治療・予防にしっかりと取り組むことをおすすめします。

妊娠中にかかりやすいお口の病気

妊娠性歯肉炎
ホルモンバランスの変化が起こる妊娠初期は、歯茎の出血や腫れが生じることが多いです。
通常の歯肉炎のように痛みがないため気づかぬうちに症状が悪化するという特徴があります。
妊娠性エプーリス
妊娠中に歯茎がコブのように大きく膨らんでしまうことがありますが、それは増加するホルモンの影響であり良性のものが多いです。
大半は出産後に自然となくなりますが、気になる場合はお気軽にご相談ください。
虫歯・歯周病
辛いつわりで十分に歯磨きができなかったり嘔吐によって出た胃酸が歯の表面を弱くしたりして、汚れがつきやすくなってしまうことで虫歯や歯周病リスクが普段よりも高くなります。

妊娠中の治療

ご自身はもちろん、生まれてくる大切な赤ちゃんにも影響を及ぼすので、妊娠中は虫歯・歯周病の治療、お口のクリーニングなどを必ず受けてください。
妊娠中の歯科検診には妊娠中期(安定期)が最適です。通院が困難になることを考え、痛みがなくてもできるだけ安定期のうちにお口の中をチェックすることをおすすめします。

妊娠初期
4ヶ月(15週)まで
妊娠4~8週の治療は特に慎重に取り組み、12週までの処置はできるだけ診査や治療計画、歯磨き(ブラッシング)指導まででとどめます。
歯の痛みや歯茎の腫れなどの急性症状がある場合は応急処置を行い、本格的な治療は安定期に入ってから開始するようにしています。
妊娠中期
5~7ヶ月(16~27週)
妊娠中期は胎児が胎盤により安定し、通常の歯科治療をはじめ、レントゲン撮影や投薬も可能となる安定期とも呼ばれる時期になります。
胎児や母体への影響を考慮した上で、比較的に安定するこの時期に、虫歯・歯周病などの治療に取り掛かるようにしています。
妊娠後期
8ヶ月(28週)
妊娠後期は早産などの危険を回避するために、処置は応急的なものまでにとどめます。また、お腹が大きくなることで仰向けでの受診も大変な時期になります。
治療が必要な場合もこの時期は避けて、出産後に改めて治療を再開するようにしています。

受診時について

産婦人科の担当医より注意を受けていることは、たとえ些細なことでありましても必ず担当歯科医師へお伝えください。また、できるだけ無理なく楽な姿勢で受診していただけるよう配慮しておりますが、体調や気分がすぐれない場合は、我慢せずすぐにスタッフまでお声掛けください。

pagetop